2020年04月02日

小笠原(4-18)…母島・歩道のプレート


歩道のそこここにプレートが埋め込まれています。

まずは小笠原村の動植物。
村の花はムニンヒメツバキ、鳥はハハジマメグロ、魚はアオムロ、木はタコノキ。
(ムニン=無人で、当初は無人島だったことからきている模様)

母島・歩道のプレート


太平洋戦争後の返還20周年記念プレート。
ETとかMOとかRIとかMAってなんなんだろう…?

母島・歩道のプレート


続けて、これも返還20周年記念。
カツオドリ、ウミガメ、亀。
やはりMOやTOやHIの意味が?? もしかしてデザインした方のイニシャル?

母島・歩道のプレート


花シリーズ。
ハハジマノボタン、アリアケカズラ、オオゴチョウ、ハイビスカス

母島・歩道のプレート


方角を示すプレート。

母島・歩道のプレート


おぉ、母島にも光ファイバーが通っている。(海底ケーブルが通っている)

母島・歩道のプレート



posted by castle at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京・小笠原
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187336940
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック