2019年11月04日

妙亀塚まつり・おばけ地蔵ご縁日


昨日は「妙亀塚まつり・おばけ地蔵ご縁日」へ。

妙亀塚まつり・おばけ地蔵ご縁日

浅草寺からほど近い場所に平賀源内の墓があるとは知りませんでした。
(近いといっても歩いたら20分以上かかります)


こちらが妙亀塚(みょうきづか)。

妙亀塚まつり・おばけ地蔵ご縁日


妙亀塚の名前は「梅若伝説」から来ているそうです。
梅若伝説とは、、、
・平安時代に人買いにさらわれた子供が、この地にて病で亡くなった。
・わが子を探し求めた母親が、そのことを知り、妙亀尼と称して庵を立てた。
というお話だそうです。


名前に「亀」がはいっているためか、お供えに亀らしき折り紙が。。。

妙亀塚まつり・おばけ地蔵ご縁日


妙亀塚のすぐ近くにある「おばけ地蔵」

妙亀塚まつり・おばけ地蔵ご縁日

なぜ「お化け」かというと、、、
・かって大きな笠をかぶり、その笠が向きを変えたから
または、
・高さ三メートル以上と、並外れて大きいから
と、諸説あるそうです。
台石によれば、1721年の建立。



そして、その先にある、平賀源内の墓。

妙亀塚まつり・おばけ地蔵ご縁日

平賀源内について説明不要だとは思いますが、どうして亡くなったのかは、私も知りませんでした。
説明によれば、、、
1779年に誤って人を殺めてしまい、小伝馬町の牢で病死したそうです。



現地では、懐かしいスタイルの福引をやっていました。
いまどきの抽選はタブレットだったりPCだったりしますが、やっぱりコレですよね〜

妙亀塚まつり・おばけ地蔵ご縁日

賞品はこちら。
金より赤のほうが高そうだ (^^;

妙亀塚まつり・おばけ地蔵ご縁日


青空落語も開催されていました。

妙亀塚まつり・おばけ地蔵ご縁日


「生きているだけで金メダル」、、その通り。

妙亀塚まつり・おばけ地蔵ご縁日


そして、金メダルは100円で売られています (^^;

妙亀塚まつり・おばけ地蔵ご縁日




posted by castle at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186765108
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック