2017年07月04日

湯浴み


越後湯沢駅のホームに、、像が。

湯浴み


題は「湯浴み」

湯浴み


なるほど、湯浴みしている。

湯浴み


そして、足元には湯が!
(手を入れてみましたが、しっかり熱い湯でした)

湯浴み

さすが湯沢。


こちらのプレートに由来が書かれていますが、、、

湯浴み


読み辛い・・・

湯浴み

というわけで、文字を起こしてみました。


【由来】

『湯浴み』は、本県出身の一流の彫刻家 渡邊徹氏の作で、昭和27年6月、当時の湯沢村観光協会が江神共同温泉組合の協力によって全国でも珍しく湯の町の象徴として上越線越後湯沢駅下りホームに設置し、爾来45年の長い間光彩を放ってきた。
しかし近年痛みが激しく鑑賞にたえられない状態になったので、像は修復し、台座は作り替え、ほくほく線(北越北線)の開通を記念して現在位置に移設した。

平成9年11月
湯沢町


…「爾来」は「じらい」と読み、意味的には「以来」と同等。




posted by castle at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180234137
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック