2005年01月12日

AOpen A8855-Mの組み立て

パソコンを組み立てました。

いままでメインに使っていたマシンは AthlonXP 1800+でしたが、性能が今ひとつになってきたのと、ファンの音がうるさいのが問題でした。

そこで、Pentium-Mを搭載できるデスクトップマシンに置き換えることに。
Pentium-Mならば消費電力も小さく発熱も少ないので、CPUファンやケースファンを低速・静音なものにすることができます。
性能最高!っていうわけにはいきませんが、現在のマシンよりは速くできそうですし。

いろいろ探した結果、最終候補は以下の3つに。
(1)PROSIDE Mecolo c141
(2)AOpen EZ855
(3)AOpen A8855-M

比較すると、(1)は筐体に高級感があり、拡張性も高いです。
(2)はCube型なのでコンパクトで、動作音も静かとのこと。
(3)はBook型で、内容的には(2)と大きくは違わず、値段も安い。

家を出るときはEZ855を買う気満々。店に電話をかけて在庫確認もオッケー。

ところが、店についてみると、目の前にA8855-Mが3台並んでいます。価格は29800円。
後ろにはEZ855もあるのですが、約4.6万円。

うーん、、、、1.6万も安い。。。。。
中身は大差無い・・・・
静粛性も大差無いと思われる。。。。。。

結局、AOpenのブック型ベアボーンA8855-Mに決定。(いきなり心変わり)

机に置くことも考えると、サーバーにしているCubeパソコンと並べるのに丁度よいし。
(CubeなPCを2つを並べると、けっこうな横幅になる。縦に重ねると、かなり高くなる)

ベアボーンで少しお金が浮いたので、そのぶんCPUを少し贅沢。Pentium-M 745(1.8GHz)
メモリはPC3200の512MB(PC2700で良いんだけど、PC3200しかなかった)
DVDドライブは旧PCから移植するので買わなくてもよい。

すぐ帰宅し、早速組み立て開始。
Book型なのでCube型ほどは中が狭くなく、各種パーツの取り付けは楽。
30分くらいで完成です。

WindowsXPをインストールして性能測定。
HDBENCHでCPUやメモリの速度を計測してみたら… いままでのAthlonXP1800+の約1.5倍ほど。
まずまずの性能です。

問題の静粛性ですが、発熱の少ないPentium-MなのでCPUファンや電源ファンも静か、、、、と思ったら、なんか音がうるさいのです。
耳を近づけてチェックしてみたら、、、HDDがうるさい!
このHDDは今まで使っていたPCから外したものですが、ヒュイ〜ンという回転音がハンパじゃないです。

しょうがないので再度、仙台駅裏の店へダッシュ。
5400rpmで静音性に定評があるSeagate ST340015A を入手。
容量は40GBでイマドキにしては少ないのですが、どうせNASを接続するので本体の容量は気にしないことに。

5400rpmというのも少し遅め(普通は7200rpm)ですが、実用上問題はないです。

HDDを交換し、Sをインストールしなおし。
今度はとっても静か(^^)

そうそう、候補にしていたEZ855ですが、PCWatchにEZ855の評価記事が載っていました。
HDDの温度が心配とのことだったので、さっそく私のA8855-MでもHDD Health v2.1を使って測ってみました。
結果は、室温20度でHDDは25度。(平常状態)
HDBENCHでHDDの性能測定をガリガリ動かしても、ほどんど変化なし。

HardwareMoniterで見ると、メールを読み書きしている状態でCPUは36度くらい。
円周率計算プログラムのSuperπで延々と計算させ、CPUメーターを100%に張り付かせた状態を続けて39度くらい。

Sytem温度は25度。

これならば夏場もまったく問題なさそうです。
posted by castle at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

食中毒

眞鍋さん、ネットで夜間病院なんて検索していないで、救急車呼んでください…
眞鍋かをりのここだけの話を参照)
posted by castle at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

探偵ナイトスクープ

いま、テレビを見ていたら、西川きよし氏(漫才師)の娘が結婚したとのこと。
相手が20歳上で、きよし氏と8歳しか違わないのは良いとして、なんか見たことが…

あ!探偵ナイトスクープで妙な料理を作らされている先生(料理人)ではないですか。

林先生。

視聴者からの依頼された妙な食材を何とか食べられるものに仕上げるのが見事です。
posted by castle at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記